日本最大の鉄道博物館 【埼玉県さいたま市:鉄道博物館】

日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市 日本最大の鉄道博物館・さいたま市

さいたまに、日本最大の鉄道博物館

かつて「鉄道の町」と言われていた大宮に日本最大の鉄道博物館ができた。鉄道博物館は、JR東日本の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして、2006年5月で閉館した千代田区神田須田町(秋葉原駅前)にあった「交通博物館」の後継施設として翌年2007年10月14日「鉄道の日」に、さいたま市大宮区大成町にオープンした。この博物館は、3階建、延床面積2万8000㎡の日本最大規模の鉄道博物館である。館内は、6つのゾーンに分かれ、見る、学ぶ、乗る、遊ぶことができる日本最大の鉄道テーマパークでもある。ニューシャトルの鉄道博物館駅の目の前で、入館途中のD51式蒸気機関車や電機機関車を見学しながら入館することができる。1階ヒストリーゾーンには、実物の鉄道車両がズラリと並んでいる姿は圧巻である。運転シミュレータや自分で運転するミニ列車などもあり、親子連れでにぎわっている。

鉄道博物館 「鉄道博物館」

D51形蒸気機関車(実物先頭部) 「D51形蒸気機関車(実物先頭部)」

ヒストリーゾーン 「ヒストリーゾーン」

日本最初の蒸気機関車(1号機関車)

鉄道唱歌でお馴染みの「♪汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり・・・♪」明治5年に日本最初の鉄道が、新橋―横浜間で開通した。そのとき走ったのがこの1号機関車(150形蒸気機関車)で、イギリスより輸入された10両の機関車のうち、最初に日本に着いた第1号でこのように呼ばれている。

1号機関車(150形蒸気機関車) 「1号機関車(150形蒸気機関車)」

国鉄最初の国産電気機関車(ED40形)

今は無き信越本線の横川~軽井沢間の難所、「碓氷峠」で活躍した「アプト式」の国鉄最初の国産電気機関車である。大正12年に鉄道院大宮工場(現在のJR東日本大宮総合車両センター)で製造された。この機関車の増備により、1921年に碓氷峠区間での蒸気機関車の運転が廃止された。

ED40形式電気機関車 「ED40形式電気機関車」

1号御料車(初代皇室用客車)

皇室用客車とは、日本の皇族が鉄道で旅行をするときに使用される皇室専用の鉄道車両で、これを「御料車」という。明治9年に、官設鉄道神戸工場で新製され、大正2年に廃車となり、大井工場に保管されたが、昭和11年に交通博物館に展示されていた。平成15年には国の重要文化財に指定され、現在は、鉄道博物館に1号御料車を含む計6車両が展示されている。

1号御料車(初代) 「1号御料車(初代)」

日本一長い鉄道歴史年表

ヒストリーゾーン2F西側の全長75mにおよぶ壁面を利用した135年の鉄道歴史年表がある、日本の鉄道創業期から現代までの鉄道にまつわるさまざまな出来事を、各交通機関のあゆみ・日本の歴史・社会情勢・世相とともに紹介し、日本の鉄道のあゆみを多角的にとらえることができるように工夫している。

日本一長い鉄道歴史年表 「日本一長い鉄道歴史年表」

日本最初の民営鉄道、川口より始まる

日本の鉄道は政府の手で建設が始まったが、財政困難のため新橋~横浜・京都~神戸間以外は着工できずにいた。しかし、鉄道は国の発展に必要なため、民間資本によって建設を進めることになり、「日本鉄道会社」が設立された。明治16年7月上野~熊谷間の開業を皮切りに、高崎(前橋)まで、さらに大宮で分岐して青森まで線路網を広げていった。高崎線の建設工事は荒川河畔の川口から始められた。この鉄道建設工事には、善光号機関車(1290形蒸気機関車)が使われ、荒川を通ってきた船から陸揚げされた工事資材を運ぶのに活躍した。埼玉の鉄道は、日本最初の民営鉄道「日本鉄道会社」により、川口より始まった。

善光号(1290形蒸気機関車) 「善光号(1290形蒸気機関車)」

インサイドシリンダー駆動方式 「インサイドシリンダー駆動方式」

善光号機関車は、荒川から陸揚げされた

善光号機関車(1290形式蒸気機関車)は、明治14年イギリスのマニング・ワールド社で製造された。日本鉄道会社は、善光号を鉄道建設工事の資材運搬用に使用するため新橋工場で組み立て、艀(はしけ)で荒川をさかのぼり、川口の善光寺(長野の善光寺の末寺)付近で陸揚げされた。このとき艀が機関車の重さに耐えきれず善光寺付近で機関車ごと沈没してしまい、善光寺の檀家が総出で荒川の中から機関車を引き上げたという由縁もあって名付けられたものである。

善光寺(川口市) 「善光寺(川口市)」

涅槃釈迦像(ねはんしゃかぞう) 「涅槃釈迦像(ねはんしゃかぞう)」

善光号機関車をかたどった駅名標

JR川口駅には善光号機関車をかたどった鋳物の駅名標が掲げられている。日本最初の民営鉄道「日本鉄道会社」による最初の機関車は、明治14年、イギリスから輸入された1290形蒸気機関車「善光号」が日本鉄道会社の第1号機関車となった。翌年、川口で起工式が行われ、善光号は上野~熊谷間の鉄道建設工事に活躍した。埼玉の鉄道はまさに川口より始まったのである。現在の川口駅は東北本線における埼玉県内最南端の駅であり、一日約78000人の乗車人員があり埼玉県内の駅としては大宮駅・浦和駅に次いで3番目に多い駅である。また、川口駅と赤羽駅にある荒川鉄橋は埼玉県側が東京都との境になっている。

鋳物の駅名標 「鋳物の駅名標」

JR川口駅(西口) 「JR川口駅(西口)」

JR荒川鉄橋(東北本線) 「JR荒川鉄橋(東北本線)」
35.920266,139.617434
名称鉄道博物館
住所埼玉県さいたま市大宮区大成3-47
電話番号048-651-0088