秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】

秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】 秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】 秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】 秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】 秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】 秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】 秩父札所十番 【埼玉県秩父郡横瀬町:萬松山・大慈寺】

萬松山(ばんしょうざん)・大慈寺(だいじじ)

宗派/曹洞宗  本尊/聖観音菩薩

大慈寺は延徳2年(1490)の開創で、明応2年(1493)東雄禅師が再建し開山となる。本堂は玄関風の向拝、奥中央に内陣を配した簡素な禅刹らしい江戸時代の建築である。山門は3間2面、中一間を通路とし左右に仁王尊を安置している。この寺には本尊の外多くの仏像がある。特に子育て観音(金銅仏)は庶民的に親しみのもてる仏像で素朴な彫刻に特徴がある。他に地蔵菩薩の寄木造り十一面観音等が安置されている。

御詠歌 「ひたすらに 頼みをかけよ 大慈寺
          六つの巷の 苦にはかるべし」

「禅様式の本堂」

本尊が安置されている厨子の左前に、左手に宝珠を持つ「おびずる様」は人気が高く、自分の体の悪いところをおびんずる様に託してさすると、身代わりになってくれると伝えられている。

「玄関風の向拝」

内陣に本尊の聖観世音が祀られている。8番札所の十一面観音、9番札所の如意輪観音と同様に、恵心僧都の作と云われている。

「境内の六地蔵」

六地蔵とは六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)のそれぞれにあって、衆生の苦悩を救済する地蔵菩薩のことである。

「境内から見た山門」

大慈寺は、南に武甲山を仰ぎ、東に広々とした田園地帯を望む、のびやかな風景のなかにある。

「山門へと導く参道」

参道入り口に赤い頭巾と腹巻きを着せられた、延命地蔵が巡礼者たちを迎えてくれる。

「仁王門」

参道から石段を登っていくと、楼門形のどっしりとした仁王門を見ることができる。山門の左右の窓からは、木彫乾漆の非常に美しい仁王尊をうかがうことができる。

名称萬松山・大慈寺
住所埼玉県秩父郡横瀬町横瀬5151
35.997157,139.095733
大慈寺の御朱印 大慈寺の御朱印
御詠歌 「ひたすらに 頼みをかけよ 大慈寺
       六つの巷の 苦にはかるべし」

撮影日:2012年5月16日