秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】

秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】 秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】 秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】 秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】 秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】 秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】 秩父札所十九番 【埼玉県秩父市:飛淵山・龍石寺】

飛淵山(ひえんざん)・龍石寺(りゅうせきじ)

宗派/曹洞宗  本尊/千手観世音菩薩

この札所は、大きい一面の岩盤上に建てられている。観音堂は七間半四面表流れの向拝をふした宝形造り(ほうぎょうづくり)だったが、屋根が傷み、雨もりがひどかった。諸仏を他の寺に預け地元観光協会の青年部が中心となり、浄財を募り昭和47年解体復元された。本尊は千手観世音菩薩で寄木造り坐像、像高約46センチ室町時代の作といわれている。昔、村人達が悪龍を退治しようと観音様に念じたところ、龍を退治してくれた。それから、村人達はお堂を建て、千手観世音菩薩を安置した。これが、この寺の始まりといわれている。

御詠歌 「天地を 動かす程の 龍石寺
          詣る人には 利生あるべし」

「岩盤上に建つ龍石寺」

寺自体が、巨大な水成岩の岩盤の上に建っており、荒川を挟んで対岸にある札所二十番岩之上堂も同じで、昔、渡し舟で往来していた。

「観音堂」

観音堂は岩盤上に石を積み上げて建ててある。そのため草木も少なく、岩の隙間に植えられた桜やサツキが貴重な季節の彩りとなる。

「観音堂の拝所」

弘法大師が天皇の言葉により雨を祈られたところ、岩盤の間から龍が立ち上がり雨を降ふらせ人畜草木がよびがえり大豊作を得たという縁起がある。

「本堂内陣」

龍石寺の本尊の千手観世音菩薩は、すべての厄を払う“厄除け観音”と知られ、特に女性の19歳、33歳の厄除け参りで人気がある。

「三途婆堂」

三途婆(さんずば)堂には、死者の衣を脱がせる奪衣婆(だつえば)と閻魔大王(えんまだいおう)、賓頭廬(びんずる)尊者の三尊が祀られている。

「納経所」

荒川の秩父橋の東方300メートルに札所19番龍石寺がある。塀もなく、近所の人が通り抜けていくような開け放された空間に観音堂があり、納経所もある。

名称飛淵山・龍石寺
住所埼玉県秩父市下大畑町15-31
36.018212,139.088925
龍石寺の御朱印 龍石寺の御朱印
「天地を 動かす程の 龍石寺
     詣る人には 利生あるべし」

撮影日:2012年5月12日