秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】

秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】 秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】 秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】 秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】 秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】 秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】 秩父札所二十五番 【埼玉県秩父市:岩谷山・久昌寺】

岩谷山(いわやさん)・久昌寺(きゅうしょうじ)

宗派/曹洞宗  本尊/聖観世音菩薩

  この札所は通称、御手判寺という。この由来は播州書写山の性空上人、秩父巡拝の折、閻魔大王から贈られた石の手判をこの寺におさめたという。これにちなんで御手判寺ともいうのである。観音堂は三間四面、表流れ向拝をふんした方形造りで堂内には宮殿形の厨子がおいてある。本尊は、聖観世音菩薩立像一木造り、室町時代の作といわれている。 その昔、様々な悪行を積み重ね、家族や村人からも追い出された鬼女が居た。鬼女は、ここ久那の岩屋に住み始め、一人の女の子を出産した。しかし、これまでの悪行が祟って、娘が十五歳の時に命を落とした。残された娘は母親とは異なり、美しい心の持ち主だった。母親の罪を大変悲しみ、後生で母親が苦しまないようにと村人の協力により観音堂を建立し観音様を安置した。これが久昌寺の起こりだといわれている。

御詠歌 「水上は いづくなるらん 岩谷堂
          朝日もくなく 夕日かがやく」

「久昌寺の参道入口」

鬼女の伝説もある久昌寺、ここ久那の岩屋に悪行を積み重ねた鬼女が住んで居たといわれている。

「簡素な山門」

“御手判寺”と書かれた額が掲げられている。性空上人が閻魔大王からもらった石の手判をここ久昌寺に納めたことによる。

「二十番札所を守る仁王さま」

仁王さまは、寺の山門の左右に立っている。上半身裸形で、筋骨隆々とし、寺院内に仏敵が入り込むことを防ぐ守護神である。

「観音堂」

久昌寺の観音堂は現在改修工事中である。 堂内には宮殿形の厨子が置かれ、本尊の聖観音像が安置されている。

「弁天池と本堂」

観音堂の裏手には弁天池があり、池の淵に小道がありこの奥に本堂と納経所がある。水面に本堂や周囲の木々の緑が映り、心洗われる。

「蓮池と観音堂」

弁天池の上に蓮池があり、古代蓮が咲いている。その奥に観音堂の屋根の部分が見える。

名称岩谷山・久昌寺
住所埼玉県秩父市久那2215
35.972137,139.04803
「久昌寺の御朱印」 「久昌寺の御朱印」
「水上は いづくなるらん 岩谷堂
     朝日もくなく 夕日かがやく」

撮影日:2012年8月15日