秩父札所三十四番 【埼玉県皆野町:日沢山・水潜寺】

秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】 秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】 秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】 秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】 秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】 秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】 秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】 秩父札所三十四番 【埼玉県秩父市:日沢山・水潜寺】

日沢山(にったくさん)・水潜寺(すいせんじ)

宗派/曹洞宗  本尊/千手観世音菩薩

この札所は、秩父三十四霊場、日本百観音霊場(西国・坂東・秩父)の結願寺(けちがんじ)として、巡礼者が打ち留めの札と笈摺(おいずり)を納める寺である。観音堂は、大きな流れ向拝をつけた六間四面の方形造りで、文政11年(1828)の建築である。本尊は、一木造り室町時代の作と伝えられる千手観世音菩薩である。西国をかたどる西方浄土の阿弥陀如来、坂東をかたどる東方瑠璃光世界の薬師如来が祀られ、日本百観音結願寺の特殊性を出している。ここの水潜寺で、秩父札所三十四ヵ所の巡礼も、ひとまず完了を迎える。数々の難所を歩きつくし、すべての札所を巡礼した経験は、必ずや巡礼者各自の心の強さとなり、より良い方向へ導いてくれることだろう。

御詠歌 「萬代の 願ひをここに 納めおく
           苔の下より 出づる水かな」

「日本百観音結願所」

この札所は、秩父34霊場、日本百観音霊場(西国・坂東・秩父)の結願寺として、巡礼者が打ち留めの札と笈摺を納める寺である。

「観音堂」

観音堂は、大きな流れ向拝をつけた六間四面の方形造りで、文政11年(1828)の建築で、本尊は、一木造りの千手観世音菩薩である。

「観音堂の外陣」

外陣に銅造りの子育て観音を安置し、右手奥には打ち留め笈摺や金剛杖、輪袈裟(わげさ)などが納められている。

「観音堂脇に湧く長命水」

この寺名の起こりは、観音堂の右手にある「水潜(みずくぐり)りの岩屋」にちなむ。この岩屋から“長命水”が湧き出ている。

「水潜(みずくぐり)りの岩屋」

写真左奥上に岩屋(鍾乳洞)の入口がある。巡礼者は、この岩屋から湧き出ている清水に足を浸しながら、体を縮めて暗い岩屋を潜り、巡礼を終えた身を清める。

「三十三観音の石仏」

参道にずらりと並ぶ三十三観音の石仏が参拝者を迎え、見送る。水潜寺は秩父の札所が三十三から三十四に増える前から“水潜り観音”と呼ばれ親しまれていた。

名称日沢山・水潜寺
住所埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3522
36.081795,139.053866
「水潜寺の御朱印と御詠歌」 「水潜寺の御朱印と御詠歌」
「萬代の 願ひをここに 納めおく
      苔の下より 出づる水かな」

撮影日:2012年5月27日

「水潜寺の結願証」
「水潜寺の結願証」