人形供養祭 【埼玉県さいたま市岩槻区:岩槻城跡公園】

人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】 人形供養祭【埼玉県さいたま市:岩槻城跡公園】
20121103_01.jpg 20121103_02.jpg 20121103_03.jpg 20121103_04.jpg 20121103_05.jpg 20121103_06.jpg 20121103_07.jpg 20121103_08.jpg 20121103_09.jpg 20121103_10.jpg

岩槻城跡公園の人形塚で古い人形の冥福を祈った。

人形供養祭は、全国の人形愛好家の方々が、捨てるにしのびないという優しい気持ちに応えようと毎年11月3日(文化の日)に岩槻城跡公園の人形塚において開催される。当日は古くなって飾らなくなったり、壊れたり、使わなくなった人形を持ってきて、人形塚に並べ、20名の僧侶(岩槻仏教会)の読経のもとに参加者が焼香し、人形の持ち主は受付の際に渡された供養札を、天児(あまがつ・日本の人形の原形といわれ、子供の健康と幸せを守るもの)に見守られながら、お焚き上げして冥福を祈るものである。

人形供養祭が開催される岩槻城跡公園は、その名の通り、岩槻城跡を中心に造られた公園である。岩槻城は15世紀に太田道灌の父資清が築城したとされ、川越城、忍城とともに県内三名城のひとつに数えられている。江戸時代には、江戸北方面の守りの要衝として重要視されていた。

供養される人形は、日本人形、西洋人形、ぬいぐるみ等で、約18,000体が持ち込まれ、約9,000人が参加した。天候にも恵まれ、人形塚前の献花台には冥福を祈る長い列ができていた。

35.951538,139.711501
名称岩槻城跡公園
住所埼玉県さいたま市岩槻区太田3-4
電話番号048-757-8881


カレンダーから選ぶ

ジャンルから選ぶ