寄居北條まつり 【埼玉県寄居町:玉淀河原】

寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地  寄居北條まつり|寄居町玉淀河原・市街地 
20150510-01.jpg 20150510-02.jpg 20150510-03.jpg 20150510-04.jpg 20150510-05.jpg 20150510-06.jpg 20150510-07.jpg 20150510-08.jpg 20150510-09.jpg 20150510-10.jpg 20150510-11.jpg 20150510-12.jpg 20150510-13.jpg 20150510-14.jpg 20150510-15.jpg
北條軍と豊臣軍の攻防戦は迫力満点!!

戦国時代の鉢形城攻防戦を再現した「寄居北條まつり」が寄居町の玉淀河原や市街地を会場にして行われた。大砲の轟音が鳴り響くなか、北條軍と豊臣軍が荒川を挟んで繰り広げる攻防戦は迫力満点。1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原征伐の際、鉢形城に陣取った郷土の武将北條氏邦は、前田利家・上杉景勝率いる5万人の豊臣勢を相手に、わずか3500人の兵力で1ヶ月余り攻防戦を続けたと云われている。まつりの当日、武者姿に扮した約600人が玉淀河原で出陣式を行ったあと、市街地をパレード。小田原市や八王子市、高崎市など北條氏ゆかりの地からの甲冑隊も参加した。寄居町内の小学生、保育園児も忍者隊としてパレードに参加し会場を盛り上げた。玉淀河原に戻ると、北條と豊臣の両軍に分かれて決戦。戦国時代さながらの迫力ある戦いが展開され、間近で見ることのできる戦国絵巻の世界を楽しむことができる。

寄居町は、埼玉県北西部、大里郡にある人口約3万5千人の町である。荒川の中流域、長瀞のすぐ下流に位置し、その左岸に街が栄えている。古く秩父往還の街道筋にあり、宿場町として栄えた。街の対岸にはかつて鉢形城があり、その城下町でもあった。「寄居」は、「人が寄る町」「人が集う町」を象徴した歴史的な名前の地である。

36.1109871,139.194851
名称玉淀河原
住所埼玉県寄居町玉淀河原・市街地  
電話番号048-581-3012


カレンダーから選ぶ

ジャンルから選ぶ