水城公園ホテイアオイ 【埼玉県行田市:行田市水城公園】

水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】 水城公園ホテイアオイ【埼玉県行田市: 行田市水城公園 】
20130901-01.jpg 20130901-02.jpg 20130901-03.jpg 20130901-04.jpg 20130901-05.jpg 20130901-06.jpg 20130901-07.jpg 20130901-08.jpg 20130901-09.jpg 20130901-10.jpg
南アメリカ原産の水草ホテイアオイが咲き始めた!!

行田市水城公園、あおいの池で育てている"ホテイアオイ"は、南アメリカ原産の浮遊植物である。葉柄の中程の丸く膨れているところが、浮き袋の役目をしている。この浮き袋のような丸い形の葉柄が、七福神の布袋様のおなかに似ていることから(布袋葵)この和名が付いた。花は一日花で、日中いっぱい咲いているが、その日の夜には萎れてしまう。つまり、翌日に開花する花は、前日とは別の花である。満開は不定期に訪れ、満開以外の日は所々に花がある状態になっている。毎年六月に、市内の小学生とともに5000株のホテイアオイをあおいの池に投げ込み栽培されている。

映画「のぼうの城」の舞台となった城下町行田の「忍城(おしじょう)」址からすぐのところに「水城公園」がある。忍城はとても広く大きな城で、城の堀跡が"忍沼"と呼ばれる大きな沼になったほどであった。その沼を埋め立てて、現在の市役所や体育館が建築された。残った部分を昭和39年に「水城公園」として開園した。水城公園には、桜が200本植えられていて、桜の名所として知られている。大勢の釣り師で賑わう「しのぶ池」の隣にホテイアオイが咲き乱れる「あおいの池」がある。

36.1336256,139.459852
名称行田市水城公園
住所埼玉県行田市佐間1丁目11−3
電話番号048-550-1550


カレンダーから選ぶ

ジャンルから選ぶ