初詣で 【埼玉県さいたま市:武州岩槻総鎮守・久伊豆神社】

初詣で【埼玉県さいたま市:武州岩槻総鎮守・久伊豆神社】 初詣で【埼玉県さいたま市:武州岩槻総鎮守・久伊豆神社】 初詣で【埼玉県さいたま市:武州岩槻総鎮守・久伊豆神社】 初詣で【埼玉県さいたま市:武州岩槻総鎮守・久伊豆神社】 初詣で【埼玉県さいたま市:武州岩槻総鎮守・久伊豆神社】 初詣で【埼玉県さいたま市:武州岩槻総鎮守・久伊豆神社】
20120101-01.JPG 20120101-02.JPG 20120101-03.JPG 20120101-04.JPG 20120101-05.JPG 20120101-06.JPG

「初詣で」は、新年を迎えて神社やお寺へ参拝し、その一年の平安無事を祈願する行事である。初詣でが習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治時代中期のこととされている。神社やお寺へ参拝した後に、お守り、破魔矢、熊手、などを買ったり、絵馬に願い事を書いたりして、今年一年が良い年であるよう祈る。昨年のお守りや破魔矢などは、この時に納めて焼いてもらう。また境内では甘酒や神酒が振るわれ、飲むと厄除けになるとされている。

 岩槻の久伊豆神社は、戦国時代に、太田道潅が築城した岩槻城の総鎮守としておかれ、江戸時代には、歴代城主より崇められ多数の宝物が寄進された。また、江戸の北東の鬼門除けとしても名高い、由緒ある神社として栄え、今日に至っている。ご祭神は、大国主命(オオクニヌシノミコト)で、「因幡(いなば)の白(しろ)兎(うさぎ)」という神話に登場する心優しい神様である。

35.959676,139.702899
名称武州岩槻総鎮守・久伊豆神社
住所埼玉県さいたま市岩槻区宮町2-6-55
電話番号048-756-0503


カレンダーから選ぶ

ジャンルから選ぶ