三峯神社初詣 【埼玉県秩父市:三峯神社】

三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣 三峯神社初詣
20180101-01.jpg 20180101-02.jpg 20180101-03.jpg 20180101-04.jpg 20180101-05.jpg 20180101-06.jpg 20180101-07.jpg 20180101-08.jpg 20180101-09.jpg 20180101-10.jpg
ニホンオオカミ信仰の神社!!
標高1100メートルに鎮座する関東を代表するパワースポットのひとつ、秩父市の三峯神社。新年(元旦)を迎えると、新春の寿ぎ(ことほぎ)神事「歳旦際」・「元旦祈願祭」が早朝に執り行われる。埼玉県内でも人気度(2〜3位)が高い神社で、例年の初詣におよそ2万5千人が参られる。標高1100メートルの場所にあるので初日の出を望むことも出来る。三峯とは雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の総称で、三峯神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)の創建とされ、山犬(狼)を使いの神としている。「奥宮」は妙法ヶ岳(標高1329)の山頂に鎮座する。本殿は寛文元年(1661年)に建立されたものである。拝殿前には、樹齢800年の「ご神木」があり、近年その「氣」を頂きに来る参拝者も多い。この「ご神木」に触れることで、気力を分けてもらい、生活に活力をもたらすことができるといわれている。この「ご神木」が入っている白いお守り「氣守」を毎月1日に頒布している。元旦ともなれば、そのお守りの頒布と初詣参拝者で境内が大混雑する。

秩父市は、埼玉県北西部の秩父地方にある人口約6万2千人の市である。埼玉県内では、最も広い市町村である。三峯神社は秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社である。狛犬(こまいぬ)の代わりに「狼(おおかみ)」を守護神とし、神社各所に「狼」の像が鎮座している。江戸時代に、秩父の山中に生息する「狼」を、イノシシなどから農作物を守る神使とし「お犬さま」として尊敬するようになった。

35.9253839,138.930575
名称三峯神社
住所埼玉県秩父市三峰298-1
電話番号0494-55-0241


カレンダーから選ぶ

ジャンルから選ぶ