ハナミズキ(花水木) 【埼玉県さいたま市:大宮公園】

ハナミズキ(花水木)【埼玉県さいたま市:大宮公園】 ハナミズキ(花水木)【埼玉県さいたま市:大宮公園】 ハナミズキ(花水木)【埼玉県さいたま市:大宮公園】 ハナミズキ(花水木)【埼玉県さいたま市:大宮公園】
20110430-1-01.jpg 20110430-1-02.jpg 20110430-1-03.jpg 20110430-1-04.jpg

大宮公園は、明治18年、「氷川公園」の名所で誕生し、その後埼玉県が管理することになり、埼玉県初の県営公園である。大宮公園と大宮第二公園を遊歩道で結ばれており、この遊歩道にたくさんの「ハナミズキ」が植えられ「ハナミズキの並木道」と呼ばれている。

ハナミズキ(花水木)は、北アメリカ東部に広く分布している「みずき科」の花木です。東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ桜を寄贈した御礼として、1915(大正4)年にアメリカから贈られたもので、日比谷公園に元木がある。

花言葉:

「私の思いを受けて下さい」「公平にする」「返礼」「華やかな恋」

35.917833,139.636949
名称大宮公園
住所埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目
電話番号048-641-6391


カレンダーから選ぶ

ジャンルから選ぶ