さいたまの四季 4月

春日部藤まつり

春日部駅西口「ふじ通り」(春日部市)

with コメントはまだありません

春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

「春日部藤まつり」の横断幕をボーイスカウトとカールスカウトが持ち、パレードの先頭を行進した。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

春日部藤まつり開始式典で挨拶する石川良三市長。「ご来場の皆様には、ぜひこの活気あふれる藤まつりをお楽しみいただくとともに、多くの出会いや感動を通じ、春日部の元気を感じとって頂きたい。」と挨拶した。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

春日部市で活動している「ガールスカウト埼玉県第16団26団」のパレード。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

春日部市立八木崎小学校「八木崎小金管バンド・バトンクラブ」のパレード


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

パレードの最後は、交通安全協会による白バイ、埼玉県警察音楽隊、カラーガード隊のパレードで終了した。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

「和太鼓 豊屋」による和太鼓演奏。2003年に結成した和太鼓チームである。主に三郷市、八潮市を拠点に活動している。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

「朝日さわやか連」の阿波踊り。南越谷阿波おどりへの参加を中心に活動している連である。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

春日部には、キッズダンススクール存在している。「藤まつり」では、ヒップホップやロックダンスのパフォーマンスを披露した。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

「いわつき舞雛」によるよさこい踊りが披露された。人形の町岩槻を象徴にした衣装で人形達が舞い踊る。さいたま市を中心に活動している。


春日部藤まつり 春日部駅西口「ふじ通り」

クレヨンしんちゃんキャラクタのラッピグバス「しんちゃんと友だち号」が登場。しんちゃん・ひまわりの兄姉やかすかべ防衛隊が楽しげに飛び跳ねており、楽しく子育てのできる春日部市と、元気な春日部の子どもたちを表現している。


豪華に彩られたふじ通りパレード!!

春日部駅西口にある、約1.1キロメートルの藤棚が続く「ふじ通り」を舞台として「第36回春日部藤まつり」が開催された。春日部中チャレンジャーズの吹奏楽演奏から始まり、ガールスカウト連絡会や豊春幼稚園の鼓笛隊行進。各団体マーチングバンドなどのパレード、流し踊り、よさこいソーランのほか、和太鼓、キッツダンス、阿波おどり、マジックショーなど75団体が出演するパレードや流し踊りなどが繰り広げられた。沿道では、趣向を凝らした54団体の模擬店や露天商で賑わった。春日部市は日本一の「藤」がある街でもある。「ふじ通り」は、道路の左右歩道に藤棚がある。その長さは1080メートル、左右両方の総延長は約2キロメートルにもおよび「日本一長い藤棚」である。春日部市牛島には、国の特別天然記念物に指定されている「牛島の藤」がある。樹齢1200年の国内最大の規模でヤマフジに似ている。根回り10平方メートル、花色は藤紫、藤棚の面積は700平方メートル。花房の長さは最大2メートルにもなる。

春日部市は、埼玉県東部に位置する人口約23万1千人の市である。江戸時代は日光街道の宿場町であった。1944(昭和19年)南埼玉郡内牧村と町村合併するまでは粕壁町と表記していた。昭和48年市制20周年を記念して市の花と市の木を制定した。市の花は、特別天然記念物の「牛島の藤」から「藤」が選ばれた。市の木には、市の特産物の桐タンスなどから「桐」が選ばれた。藤の花も桐の花も紫であり、春日部市は紫を基調にした町でもある。


撮影場所:春日部駅西口「ふじ通り」

住所:埼玉県春日部市谷原二丁目

カレンダーから選ぶ