あしがくぼの氷柱

西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

(横瀬町)

with コメントはまだありません

あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

週末の日没よりライトアップされ、幻想的な光景になる。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

昨今のライトアップは、発光ダイオード(LED照明)の投光器機器を用いている。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

日中は透き通るような美しい氷柱も、ライトアップされると一層幻想的な雰囲気になる。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

ライトアップは、毎週金曜日、土曜日、日曜日の日没から午後8時まで開催される。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

あしがくぼの氷柱は、兵の沢(ひょうのさわ)北面の山林に、高さ約30メートル、幅約125メートルに広がっている。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

川から汲み上げた水を、約1500平方メートルの山林の斜面にホースやスプリンクラーで散水して氷柱を作る。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

秩父地方の寒い冬だから誕生する氷の芸術である。寒さでグングンと育つ氷柱(ひょうちゅう)を楽しむことができる。雪が降ると景観が悪くなる。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

人工的に作った氷柱を(ひょうちゅう)と読み、天然自然にできた氷柱を(つらら)と読む。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

西武鉄道の特急レットアロー号が芦ヶ久保駅に臨時停車したり、車窓から氷柱が見える場所では電車の速度を落として運転している。


あしがくぼの氷柱 西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

西武秩父線「芦ヶ久保駅」と道の駅「果樹公園あしがくぼ」から徒歩10分程度である。専用歩道も整備されている。


あしがくぼの人工氷柱!!

氷の造形美・氷の華が咲き乱れる「あしがくぼの氷柱(ひょうちゅう)」が人工的に作られた。「三十路の氷柱(つらら)」「尾ノ内の百景氷柱(ひょうちゅう)」と共に秩父三大氷柱の「あしがくぼの氷柱」は、三つの氷柱の中でも最も新しい氷柱である。幅約125メートル、高さ約30メートルという壮大で美しい氷柱は、毎年地元の人々によって作られている。西武秩父線「芦ヶ久保駅」から約10分程度歩けば氷の世界が広がる。すぐそばを西武鉄道が走っていて、氷柱見学ができるように特急レットアロー号が芦ヶ久保駅で臨時停車したり、車窓から氷柱が見える場所では電車のスピードを落として運転している。週末の日没からのライトアップは幻想的な世界となり見逃せない光景である。

横瀬町(よこぜまち)は、埼玉県北西部に位置する人口約8千人の秩父郡の町である。武甲山から産出される石灰岩鉱業が主な産業である。町の大半は深い山地である。「あしがくぼの氷柱」は、芦ヶ久保の「兵の沢(ひょうのさわ)」に毎年1月上旬から2月下旬に横瀬町観光産業振興協会・氷柱部会の主催で、町民ボランティアにより製氷・運営されている。


撮影場所:西武秩父線 芦ヶ久保駅付近

住所:埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1955-5

カレンダーから選ぶ