坂東札所 第3番

祇園山・安養院田代寺

(鎌倉市・相模国)

with コメントはまだありません

坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「門前の寺院表示の石碑」

浄土宗名越派の根本道場であることを示す石碑でもある。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「山門」

鎌倉・大町の、閑静な住宅地に建つ古寺。この寺は、100株を超えるツツジの名所としも有名な寺である。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「本堂」

本尊、千手観世音菩薩と阿弥陀如来を祀っている。ガラス越しに本尊の姿を確認できる。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「本堂内陣」

もとは別々の寺だった安養院と田代寺が合併した複雑な寺である。建久3年(1192年)田代寺を建立。この田代観音が当初の坂東3番札所であった。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「槇(マキ)の巨木」

南北朝時代の僧、尊観(そんかん)上人が自ら手植えしたとされる槇(まき)の木。樹齢約700年とされ、天然記念物に指定されている。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「日限地蔵堂」

鎌倉24地蔵尊の第24番。この地蔵尊は、日限(ひぎり)で願い事を叶えてくれると云われている。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「身代わり地蔵」

撫でたところがよくなる身代わり地蔵。手枕で布団で寝ている。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「北条政子の墓」

北条政子が、夫である源頼朝(みなもとのよりとも)の冥福を祈るために、佐々目ヶ谷に建立した祇園山長楽寺が、その後安養院になった。安養院は北条政子の法名である。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「尊観(そんかん)上人の供養塔」

」関東様式の宝篋印塔(ほうきょういんとう)で、高さ290センチメートルの大塔である。重要文化財に指定されている。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「石仏群」

本堂裏手には、庚申塔や無縫塔、地蔵尊群などが並んでいる。


坂東札所 第3番【祇園山・安養院田代寺】

「祇園山・安養院・(田代観音)の御朱印」


「祇園山・安養院田代寺」

板東札所第3番の「安養院田代寺(あんよういんたしろじ)」は、(相模国 さがみのくに)神奈川県鎌倉市大町にある浄土宗の寺院である。山号は「祇園山(ぎおんざん)」。本尊は「千手観世音菩薩・阿弥陀如来」である。田代観音(たしろかんのん)とも称される。この寺は、北条政子ゆかりの寺である。もとは、別々の寺であった安養院と田代寺が合併した寺である。境内に赤紫の100株を超えるツツジが咲き誇る霊場である。


撮影場所:祇園山・安養院田代寺

住所:神奈川県鎌倉市大町3−1−22