秩父34ヶ所観音霊場

秩父札所 第7番

青苔山・法長寺(横瀬町)

with コメントはまだありません

秩父札所七番 青苔山・法長寺

「堂々と構えの山門と本堂」

山門に「不許葷酒入山門」の石柱が立っている。酒は心を乱すので、清浄な寺内に入ることは許さないとの意味である。


秩父札所七番 青苔山・法長寺

「堂々たる法長寺」

この本堂は、江戸の科学者平賀源内の設計によるものと伝えられ、秩父札所の中で一番大きい建物である。


秩父札所七番 青苔山・法長寺

「本堂と境内の庭園」

広々とした境内には巨石と草木の植え込みが配され、季節の花が絶えることがない。


秩父札所七番 青苔山・法長寺

「境内の豊川稲荷」

境内に豊川稲荷を祀る杜がある。法長寺の守護と巡礼者の家内安全、商売繁昌の御利益があると信仰されている。


秩父札所七番 青苔山・法長寺

「観音様と武甲山」

境内に美しい顔した観音様が建っている。このやさしい顔に誰もがありがたく思う。背後の武甲山の眺めも素晴らしい。


秩父札所七番 青苔山・法長寺

「牛伏の石像」

牧童が草刈りをしていると、一頭の牛が現れた。その牛は地に伏して動かなくなってしまった。一夜をあかし、夜明けには牛の姿がなく十一面観音象があった。牛は観世音の化身であろうと考え、この堂を牛伏堂と名付けた。


秩父札所七番 青苔山・法長寺

「青苔山(せいたいさん)・法長寺(ほうちょうじ)」
宗派/曹洞宗  本尊/十一面観音菩薩

法長寺の観音堂を、別名牛伏堂(うしぶしどう)と呼ばれていた。牛伏堂はもと根古屋(牛伏)にあったが江戸時代札所再編の折、法長寺に移された。本堂は平賀源内の原図によって建てられたと伝えたれ間口10間奥行き9間瓦葺入母屋造りで札所一の大きな建物である。堂内土間の上に四国志度寺の縁起が彫刻され、左右に座敷書院を配し、内陣のまわりには極彩色の彫刻欄間、格天井には花鳥が画かれている。観音堂は別棟にあったが天明2年(1782)焼失した。それ以来堂内に観音像は安置されている。


六道を 兼ねて巡りて 拝むべし
又後の世を 聞くも牛伏


撮影場所:青苔山・法長寺

住所:埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1508