西国札所 番外 元慶寺

華頂山・元慶寺

(山城國・京都府京都市)

with コメントはまだありません

西国札所 番外2【華頂山・元慶寺】 | フォトさいたま

「元慶寺の御朱印」

元慶寺は、天台宗の寺院で、「華頂山・元慶寺」という。本尊は、「薬師瑠璃光如来」である。


西国札所 番外2【華頂山・元慶寺】 | フォトさいたま

「鐘楼門」

元慶寺の山門である。唐風で、竜宮造りになっている。鐘楼門の上には、「菅原道真(すがわらのみちざね)」が、元慶寺のために詠んだ「漢詩」が刻まれた、三代目の「梵鐘」が、納められている。山門両脇の飾り窓が、梵鐘に似ている。


西国札所 番外2【華頂山・元慶寺】 | フォトさいたま

「本堂」

西国三十三ヶ所観音霊場の巡礼を復興した「花山(かざん)法皇」が、ここで2年の歳月を過ごした寺として、番外札所になっている。


西国札所 番外2【華頂山・元慶寺】 | フォトさいたま

「華頂山・元慶寺の御朱印」


「華頂山・元慶寺」

西国札所・番外の「元慶寺(がんけいじ)」は、山城國(やましろのくに)京都府京都市山科区北花山河原町にある、天台宗の寺院である。山号は「華頂山(かちょうざん)」、本尊は「薬師瑠璃光如来」である。この寺は、貞観10年(868年)、「遍昭(へんじょう=平安時代の僧・歌人)」により開かれた。寛和2年(986年)、西国三十三所観音霊場の巡礼を復興した花山法皇が19歳の若さで出家し、この寺で2年間過ごした。現在の本堂は、安永年間(1772〜1781年)に再建されたと伝わっている。本堂には、本尊・薬師如来像、僧・遍昭像が安置されている。


撮影場所:華頂山・元慶寺

住所:京都府京都市山科区北花山河原町13